FC2 Blog Ranking 梅松LIFE-Got Dog?- |針金
先日アップした腫れ物ちゃんの大きな問題。昨日無事に解決しました。

悪夢が起きたのは12/7。
12/5.6と連日ヨダレが出ていた梅。

それまで体調も良く安定していたため、
*食事は缶詰とペースト状の手作り食の割合を少しずつ変えていたこと?
*散歩で3セットだけダッシュさせてみたこと?
*新たに加えたサプリメント?

何が原因かは分からないけどこういった少しの変化が要因になっているような気もします。

ヨダレが出るときは絶食スープを与えるかそれをベースに葛湯を与え、
ヨダレが止まれば徐々に缶詰から食事を与えるようにしています。
ヨダレは内臓のどこかが気持ち悪いから出るのであろうとホームドクター。

7日はママさんが出勤日。
昼休みも早目に戻るとすぐさまベランダに出たがる梅。出たがる=葉っぱが食べたい。

以前の開腹手術の発端にもなったことから、あれ以来ベランダサラダバーは禁止しています。
そして異変に気付く。

松の仏壇前には造花アレンジメントがあります。
松が亡くなってからずっと。

なんとあまりの草欲しさに、カーネーション&アジサイの造花を食した残骸が散らばっている。

一つずつバラし確認すると花と針金は全て対で残っていましたが、
念のため病院へ行き、吐き気を抑える注射とレントゲンを1枚撮りました。
そしてばっちり針金が1本胃の中で写っていました。

ママさん、標本みたいに作って院長に説明しておりました。
DSC021010.jpg

その時の長さは3㎝ほど。
院長と主治医の頭を悩ませます。

本来なら誘発剤で嘔吐させ、吐き出させるのが一番。
それで無理なら開腹手術。

しかしながら今の梅にとって嘔吐を誘発させるのは避けたい。
そのことで横隔膜にどんな負担を掛けてしまうのか、、。

そして肺が1つしか機能していないことから短頭種の麻酔経験が豊富な院長ですら、
開腹手術に伴う全麻のリスクが大きいと、、、、。

当の梅はケロッと元気。
悩んだ結果針金が悪さをしない間はこのまま2日置きにレントゲンを撮りながら、
経過観察をすることにしました。
万が一の時には覚悟を決め即開腹手術をしようと。

期待できるのは、かなりやわらかい針金ということでそのまま便と一緒に排出されること。
それと長期戦にはなるが胃酸でもろくなり排出しやすくなることの2点。

2日明けレントゲン撮影すると、針金は移動するもまだ胃の中。
しかも長さが写りこみも変わって、最長6㎝もあることが判明。
さらに落ち込みました。

ブヒ仲間より、胃にある今の段階で内視鏡で摘出するケースもあるが、梅には全麻のリスクがネック。
アルデンテに茹でたパスタや冷麺を与え、一気に吐かせれば上手く引っかかって出てこないか?、、、
色々考えるもやはり今の梅にはまだリスクが高すぎるのでウンチとにらめっこの日々が続いておりました。

そして、昨日18時20分頃。散歩中目出度くウンチと共に針金を産み落としました。
正直ウンチと出てくる期待は全く薄でしたので、まさかの出産に本当に嬉しかったです。

実際の大きさ(ナナコ参照)
DSC02100.jpg

産み落とされた6㎝針金。ちょっと黒く酸化しています。
DSC02106.jpg

ウンチが上手くコーティングしていたので胃腸は傷ついていないと思われます。
すぐさま院長&主治医に報告もしホッと一安心です。

梅ちゃん、良く頑張りました。
今まで梅が誤飲なんてした事なかったのでビックリでしたが、
梅もよっぽど調子が悪く、造花でも葉っぱと思い口にしたかったのかと思うと、
可哀想でしかたありません。2度とないようにもっと梅から先読み力を付けたいと思います。

そんな12/17、梅と松の大好きなお兄ちゃんが虹の橋を渡ってしまいました。
とても優しい大切なお兄ちゃん。
きっと梅の針金を出してくれたのはお兄ちゃんではないかと思えてなりません。
ありがとう、そしてさようなら。忘れないからね!
松、後は頼んだぞ!

冬
フレンチブルドッグひろば↑≪Presented By ガイ姉san
Merry Xmas◇ ◇師走